先生

シミはレーザーで取り除ける~コンプレックスのない肌へ~

皮膚の変色を治すには

スキンケア

皮膚科で主に行われるのは

あざの治療には種類によって、レーザー治療・切除手術・植皮手術・局所皮弁手術の4つの方法が行われます。また、内服薬の服用のみで治せるものもあります。黒あざの場合であると、レーザー治療が主に行われるのですが、その部分に濃いめの毛が生えてくる有毛性黒あざの場合であると、切除手術を行うといった場合が多いと言われています。茶あざの場合だと、生まれつきのものと思春期から出てくるものがあり、赤あざは毛細血管や小静脈などの異常によって起こります。赤あざの種類にある単純性血管腫やイチゴ型血管腫の病状が進んでいる場合には、乳幼児期から治療を行う必要があります。この2つのあざの場合は、様々なレーザーを併用して行う複合レーザー治療が主に行われています。

レーザーを当てる前の注意

あざの治療において、レーザー治療が主に行われるのですが、行う前には注意するべき点について知っておく必要があります。まず、治療する前には、メイクをしている場合にはメイク落としを行い、患部が日焼けしている場合は医師に事前に伝えておく事が大切です。治療中では、レーザーの光は直視すると危険であるため、レーザーの光を直視しないようにして、レーザー照射は多少の痛みが発生するため、患部を冷やします。レーザー治療の後は、患部に軟膏を塗って、ガーゼを貼っておくのですが、1〜2週間程度交換をするようにしましょう。また、患部をこすったり、日焼けしたり、治るまでメイクをしたり、かさぶたができた時に取り除くといった事をしないように注意を払う必要があります。

Copyright© 2016 シミはレーザーで取り除ける~コンプレックスのない肌へ~All Rights Reserved.