先生

シミはレーザーで取り除ける~コンプレックスのない肌へ~

手軽にできる対策法

顔

できる原因

目の下にできるクマにはいくつかの種類があります。種類によってケアの仕方が異なるので、まずは自分のクマがどんな種類に属するのか知っておくことが大切です。茶色いクマはメラニンが原因の可能性があります。紫外線や摩擦の影響で色素沈着を起こしているのです。茶色いクマには、メラニンを抑制する美白化粧品が役立ちます。青みがかったクマは、血行不良が原因となってできます。目の使いすぎ、睡眠不足、冷えなどでできやすく、血行をよくするマッサージが効きます。生まれつき目の下の脂肪が少なかったり、加齢で皮膚がへこんで影になるのが黒クマです。黒クマは色素沈着でも血行不良でもないので、美容外科で治療を受けるのがおすすめです。

目元の若返り

美容外科クリニックで目元の若返り治療をうければ、がんこなクマもあっさり消えることがあります。色素沈着でできるしみタイプの茶色いクマは、フォトフェイシャルなどの治療器が効果的です。目の下だけではなく、顔全体のしみ、そばかすを消すことができます。目の下が加齢でへこんでできる黒いクマには、ヒアルロン酸注射やサーマクールアイ治療、アイリフトが適しています。へこんでいる部分にヒアルロン酸を入れれば、膨らみをもたせて段差をなくせます。脂肪のたるみが原因になっている場合は、たるんでいる皮膚を切り取るアイリフト、注射で脂肪細胞を分解するメソセラピーなどがおすすめです。メソセラピーなら切らずに目の下の脂肪を除去できます。

Copyright© 2016 シミはレーザーで取り除ける~コンプレックスのない肌へ~All Rights Reserved.